2018年01月30日

婚活におけるキープって?

こんにちは(^^♪

名古屋の結婚相談所 La Makanaマリッジアドバイザー齋藤美操です★

今日もブログにお越し頂き、ありがとうございます!

今日の話題は。。。
婚活でのキープについて。
婚活をしていくうえで、非常に大きい壁となる言葉ですよね。


キープと聞いて、良いイメージを持つ人より、ネガティブなイメージを持つ人のほうが断然多いと思います💦

例えば、人を天秤にかけるみたい、誠実さに欠ける、相手に失礼、高飛車、なにさま!?などなど💦💦
これはごく普通の感覚で、むしろこのように感じて当然なのですよね。

ですが!婚活の世界では、このキープに対するネガティブな感覚を「常識」だという気持ちに切り替えていかなければ、成功はないのです❗


えー💨そんなの無理ー💨💨と思いましたか??


それでもここを変えていかない限り、婚活はやがてあなたを疲れさせ、考えなくても良いような余計な感情に振り回されることとなるのです😞
せっかく「結婚したいから婚活がんばるぞ」と思っても、ここの考え方をきちんと把握できていないと、うまくいくものもいかなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。


では⤴なぜ結婚相談所のアドバイザーが「キープ」をOKとしているのか?
本当にそれが「天秤にかけたり誠実さを欠いたキープ」だとしたら、私たちはそんなことは勧めません。
お互い大切な結婚相手を見つけているなかで、それはダメですよね。
まず、ネガティブな感覚を無理に押し込めてしまうのではなく、「そういう捉え方もあるんだな」と柔軟な考え方で見てほしいと思います🎵

結婚相談所が指している「キープ」とは、「知り合ったお友達」という位置づけです。

お見合いをしたことがある方ならわかるかと思いますが、お見合いってせいぜい2時間弱くらいお茶を飲みながら話して終了ですよね。今日はじめて会った人をたった2時間で、「付き合う」とか「付き合わない」とかの判断をしろと言われても、そんなことって無理じゃないですか?

でも、話してして、「楽しい」「楽しくない」とか、「また会ってみたい」「悪くない方だな」とか、そういう感覚なら、わかりますよね?
婚活における、お見合いした後の「交際希望の有無」とは、ここの段階のことです。


つまり、婚活における2回目3回目くらいまでの「会う」は、「お友達」として、いろんな男性(男性なら女性)に会って、気の合う異性のお友達を作って、そのなかから「彼氏(または彼女)」を見つけていく、そういうイメージです💓💓💓


お見合いのキープとは、お友達段階のこと

相手にとっても一生をきめる大切な結婚、だからこそ真剣にお相手に向き合い、異性のお友達と恋人の区別をしっかりつけるのです❗
その区別の仕方を「キープ」って言っている、そう思っていくと、「そういうことか💡」となりませんか?

婚活をしている人たちの「キープ」はとっても誠実で真剣なのです

全てはたったひとりの運命の相手に出会うために


🎵婚活のお悩みやこれから婚活をはじめてみようか迷っているなど、メールによる無料相談を行っています!(^^)!🎵
m.saito@purely-true.com
まで★
💓お気軽にお問合せください💓

















posted by lamakana at 12:50| Comment(0) | 婚活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする