2019年08月23日

結婚相手としての条件


こんにちは。
名古屋の結婚相談所LaMakanaのマリッジアドバイザー齋藤美操です。
今日もブログにお越し頂きまして、ありがとうございます。

今日の話題は、女の人に向けた内容です。

もしあなたがこれから結婚したくて婚活をしようと思っているとして、
結婚相談所を探したり、婚活サイトに登録しようと行動を起こす前によく考えてほしいことがあります。
ただなんでもかんでも「数打てばなんとやら」で、婚活をしたら結婚相手に出会えるかというと、それは間違いですから💦

婚活しようと思ったら・・・
結婚相手に求める条件の最低ラインを決める

これが何よりもまず大事です。
ここで誤解をしたら危険なのが、決めるのはあくまでも最低ライン
だということです❗

高望みや、もっともっといい人がいるかも的な条件ではない、ということが大事です。

ではその最低ラインってなに?というと。


これだけは譲れないコトガラ、です。ただしあんまりきつく縛り付けすぎると自爆しますので、そこあたりは緩めに。
例えば、住んでる地域から考えて、「ここまでの地域にはお嫁にいく。=この距離なら実家と離れることができる」
年収や生活面であれば、仮に女性33歳だとして、「年齢は同じ33歳から40歳まで。40歳以上の人とはお見合いはしない。
年収の最低ラインは、350万。(地域性もありますが目安です)」

最低ラインってせいぜいこれくらいだと思います。あとはそんなにもあれこれ言ってもお見合いができなくなるだけ。
なぜこれだけなのかというと、これくらいは絞らないと「イメージ」ができないし、自分はどんな人とお見合いを
したらいいか、どんな人に申し込んだらいいかさえ、分からなくなってしまうからです。
だからある程度の「絞り込み」は婚活には必要なのです。

それ以上のことは、会ってみないと解りません。そして何度も言ってきていますが、結婚は条件でするものではなく相性でするもの。

では相性の良い相手に出会う最短の道って?
それはもう「お見合いを組んで、出会うまでお見合いしていくしかない」わけですよね。
会った人数だけ確率も高くなりますから💓

ただしここで。やみくもに回数だけこなせばよいかというとそうでもないんです💦
あんまり自分の希望とかけ離れた人とただ会ってみたところでお互い時間の無駄ですから。しかもそれだけじゃなく、そんな無駄な
お見合いでも自分たちの大切な時間を使って人と会うことで、婚活ってどんどん心が疲れますからね。
やみくもはやめましょう❗
だから。
「最低ライン」を決めるのです❗


独身応援部隊ラマカナ 仲人齋藤美操への
ご質問・お問合せは

🚩🚩m.saito@purely-true.comまで🚩🚩


カウンセリングのその前に☆
出会いのあれこれ、婚活のあれこれ、ちょっと聞きたいあんなこと、などなど
気軽な「婚活カフェ」もやってます😃
9月の婚活カフェは
9/1(日)11時 14時
9/22(日)11時 14時

ご予約は
🚩🚩m.saito@purely-true.comまで🚩🚩

LINE@やってます★
友だち追加

LINE@でお友達登録してね★
QRコードはこちら(^^♪








posted by lamakana at 12:52| Comment(0) | 婚活疲れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください